読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思春期の娘に嫌われる父親、母親にならない方法

かわいい娘から嫌われて困っている父親、母親、のために、嫌われないコツ、好かれるためのヒントをお伝えします。娘から好かれるためにはどうすれば良いのか?自己啓発、プレゼン、子育て、教育、受験、親子関係、家族、ダイエット、お笑い、ユーモア、ファッション、食生活と幅広いテーマからその解決方法を考えます。

プレゼンテーション能力を向上させて、娘からの信頼を得る方法 No.2

自己啓発

 

f:id:dandy-papa:20160811130601p:plain

www.dandypapa.net

 に引き続き、

プレゼンテーションの意味、コツ、話し方についてのお話です。

 

www.dandypapa.net

でお話しました、サン・マイクロシステムズでの体験をお話します。是非、上記の記事も読んでください。今回のお話がわかりやすくなると思います。

サン・マイクロシステムズに転職して、すぐにアメリカ出張で苦労したお話をさせて頂きました。「ああ、何とか、出張で成果は出せたかな?」と思っていると、さすが外資系です。容赦はありません。

「来週、製品説明会があるから、プレゼンしてね。製品はこれね。気楽にやればいいよ。」と上司から、命令です。

「あっ、はい。わかりました」と私。

でも、その製品は触ったこともないし、既にアサインされている仕事もあり十分時間が取れないまま、当日を迎えます。結局、セールスレターから、特徴を抜き出して、プレゼン資料を作るのが精一杯でした。

結果はどうだったでしょうか?向かえた当日。あまりにも多くの聴衆を前に、頭は真っ白になってしまうのです。そうです。「気楽にやればいいよ。」という上司の言葉を真に受けて、甘く見すぎていたのです。しかも、プレゼンテーションの時間は一時間です。

ブルブルと震えながら、ただただ、スライドに書いてある文字を読み上げるのでした。今まで、メーカーでソフトウェアの開発エンジニアでしたから、人前で説明することがまったく無かったのです。「ああ、やってしもた。」完全な敗北です。

他の製品も先輩たちがプレゼンテーションをするのですが、それはそれは、見事なこと。製品説明会も終わり、「打ち上げ、行くぞ!」と誘われましたが、あまりにもショックで、「具外が悪いから、帰ります。」とそそくさと会場を去り、一人で居酒屋に行ったのを覚えています。アメリカへの出張が少々うまく行って、少しは自信を付けていたのですが、さすがに参りました。

サン・マイクロシステムズでのSEはSystem Engineerではなく、Sales Engineerだったのです。営業と同じように、製品の売り上げが評価の指標です。営業は何をセールスしても良いのです。売り上げを最大化するためには・売れる製品・売れるSEを駆使するのです。

そう、営業に選ばれる、SEでないとだめなのです。「まいったなぁ、製品のデモはできるけど、製品説明のプレゼンはどうしたものか」と本当に考え込んでしまいました。

とはいっても、家庭もあり、逃げ出すわけにはいけません。翌日は出社して、上司や先輩たちと顔を合わすのも辛かったですが、丁寧にお詫びをして、プレゼンテーションの研究を始めるのでした。

何冊もプレゼンテーションやパワーポイントの書籍を買い込みました。就業中はもちろん、書籍を読めるはずはありません。通勤途中と家に帰ってからですね。
根っから、明るい性格なのに日に日に口数が少なく、顔色が悪くなってきました。妻は「あなた、大丈夫なの?」と相当心配したようです。「大丈夫、大丈夫。転職したばかりで、慣れないだけだよ。通勤も遠くなったしね。」と言って、平常を装いましたが、相当、長い期間、悩むことになります。

そんな状態でも、上司はお構いなしです。「この製品、売り上げを伸ばしたいから、パートナー全部に製品説明してね。」といった具合です。

まず、製品を良く知るためにマシンにインストールして、マニュアルを見ながら、製品の機能を理解します。「デモをしながら、製品の主な機能を説明するのが、先決だ!」という判断です。

「おお、やればできるじゃないか。緊張もしないし、デモもスムーズにできるようになったし。」と勝手に勘違いをしていたのです。

私の勘違いにも我慢の限界があったのでしょう。上司から、前回お話したプレゼンテーションの語源の話をされるのです。

上司:「プレゼンテーションの語源は知ってるか?」
私:「うーん、わかりませんね。」
上司:「プレゼントだよ。ゆっくり調べてごらん」
私:「了解しました!」

と、その質問の意図も理解せずに答えるのでした。

で、鈍感な私もようやく、気がつくのです。自分のプレゼンテーションが全く、いけてない事を。

週に何回かは顧客先でプレゼンテーションをするので、じっくりとお客さんの反応を見ることにしました。これは大きな進歩です。「ああ、まったく関心を示してくれないな」「寝てる人もいるし。」

また、悶々(もんもん)とする日が始まります。何がいけなのだろう?と自問する日が続きました。そして、ようやく気がつくのです。

上司に言われた、「プレゼンテーションの語源はプレゼントだ」ということをとことん、考えた結果です。

 
 

何が悪かったのか?それは、プレゼンテーションを聞く人の身になっていないということです。

 
つまり、自分の言いたいことを言うだけの、独りよがりの行為だったのです。今、もっと的確に表現するのであれば、私の
人間力が不足していたのです。


聞く人に何もプレゼントしていない、ということに気がつくのです。「ああ、やっと分かった」という気持ちでした。いくら、デモを上手にやっても、いくら、製品説明を正確にやってもまったく響かないのです。それ以降、まったく取り組む姿勢が変わりました。

まず、プレゼントをすることをイメージしました。

プレゼントをするときにまず最初に考えることは何でしょう?

そうですね。プレゼントを受け取る人の笑顔です。

何をプレゼントしたら、喜んでくれるだろう。大好きな人に渡すものですから、ワクワク、しながら考えますよね。難しいことは何もいりません。このことに気がつけば、終わりなのです。

もし、あなたが同じようにプレゼンテーションで悩んでいるのであれば、騙(だま)されたと思って、やってみてください。

「なんだ、こんな簡単なことに何で気がつかなかったのだろう?」となるはずです。

これに気がついて、何が変わると思いますか?ちょっと、想像してみてください。.................

はい。

知らない人であれば、まずは相手のことを知りたくなりますよね?

「どんな人なんだろう?何に興味があるのだろう?どんな贈り物をしたら、喜んでくれるだろう?」といった具合です。

既に知っている人だったら、どうでしょう?
「あの人はきっと同じ理系だろうな。えらく理屈っぽい質問ばかりしてくるもんなぁ」「あの人は論理的というよりかは、イメージや直感、直球を好むタイプだな」
そうです。大切なのは、相手の立場になって考えることなのです。

「オーディエンス(聴衆)の前で演説をすることだけでなく、会議での発言や、朝礼、もっというと、相手が一人の場合でも、自分の思いを伝える行為全てがプレゼンテーションと考えています。」という前回のお話を思い出して頂きたいのです。

・会議で発言するとき、
・朝礼で話をするとき
・大切なひとに話をするとき

どうしてますか?

実は、毎回、プレゼンテーションをしているのです。

あなたは上司への説明や報告もプレゼンテーションと定義するなら、上司がどうやったら、喜ぶかを考えていますか?

「なんで、俺に頼むんだよ?自分でやれよ。」
「やれやれ、骨の折れる仕事をアサインしやがって」
となっていませんか?

「なんだぁ、乞うご期待ていうから、期待したじゃないか。大したことないじゃないか」という、お父さん。

常に「相手が喜ぶことは何か、今、プレゼントするとしたら、何をプレゼントするか?」と考えて、発言をできますか?

私はこのことを習慣化するのに、とっても時間がかかりました。やってみると難しいことがわかります。

 

 

でも、この方法の効果は絶大なのです。

 
 

最初は、ブルブルと震えたプレゼンテーションしかできませんでしたが、次のように変わりました。

・お話する相手ががどのような人(会社)かを十分に調べます。
・どのようなプレゼント(お話し)をしたら、喜んでもらえるかをとことん考えます。
・事前に聞いていただく方の情報を営業から聞きます。
・大掛かりなイベントであれば、マーケティング部門の人にイベントのターゲット(属性)、目的を聞きます。
・まったく何も情報が無い場合は、お話をする前に、自分で質問します。 
 (例)技術部門の方か?営業の方か?情報部門の方か?買っていただきたい製品の最終判断をする権限を持つ人か?
・製品に関して、ある程度の知識をもっている方か?
・上記のことを考えて、お話する内容をカスタマイズします。
・聞いていただく方が眠くならないように、また、関心を持っていただくために、質問をして、手をあげてもらいます。
・質疑応答の時間をきちんと取ります。
・発表会に複数のプレゼンテーターがいる場合は時間を短く、あるいは長く調整することが要求されます。これもアドリブでできます。
・アンケートを用意して、その満足度を測定します。
・プレゼンテーションが終わっても、質問を受け付けます。(大勢の前で質問することが苦手な方がいるためです。)
・プレゼンテーションをしながら、お客様の反応をきちっとみます。

プレゼンテーションで役に立った例をお伝えしましょう。若い頃からギターをやって、学生時代はバンドをやっていたことは以前にお話をしました。プレゼンテーションを上達させるにはどうすればよいのかを悩んでいたときに、あることに気がつくのです。

「おお、バンドをやっていたときは、ステージに立つのが楽しみではなかったか。プレゼンテーションも同じではないか。なんで、気がつかなかったのだろう」と。セルフイメージの回復ですね。そう。過去の成功体験がセルフイメージを強化するのです。それ以来、大勢の前でプレゼンテーションをするのが楽しくて、たまらなくなるのです。雨で期待したほど、人数が集まらないと、「何だ、人の出足が悪くて残念だな」という感じです。人はそれほどまでに変われるものなのです。

 

長所をリストアップして、セルフイメージを強化するだと?ああ、馬鹿馬鹿しい!

 

と感じているお父さんほど、是非実施してほしいのです。
ここまで、よんでくださった、お父さんはもうお分かりですね。

プレゼンテーションと娘さんから嫌われないこととどう関係するかです。
娘さんに、プレゼン(プレゼント)をするのです。娘さんが今、(して)もらって、うれしい事をじっくりと考えるのです。


それは何でしょうか?

・将来の進路の相談にのってほしい?
・本音で話をしたい?
・今は、そっとしておいてほしい?
・何かを買ってほしい?
・太っているのをなんとかしてほしい?
・はげ対策をしてほしい?
・臭いのでなんとかしてほしい?
・ファッションセンスがダサすぎだから、何とかしてほしい?
・お母さんと仲良くしてほしい?
・勉強を教えてほしい?
・お父さんの昔の話が聞きたい?

など、娘さんによって、プレゼントする内容は違ってきますよね。
何度も言いますが、あなたのすべきことは、娘さんに媚(こび)を売ることではありません。娘さんの願いは何なのかをとことん考えることなのです。

是非、時間をかけて、じっくりと考えてあげてくださいね。きっと、うまくいくと思いますよ。

 FA通信

Yahoo!JAPANプレミアム ケータイ乗り換え.com