読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思春期の娘に嫌われる父親、母親にならない方法

かわいい娘から嫌われて困っている父親、母親、のために、嫌われないコツ、好かれるためのヒントをお伝えします。娘から好かれるためにはどうすれば良いのか?自己啓発、プレゼン、子育て、教育、受験、親子関係、家族、ダイエット、お笑い、ユーモア、ファッション、食生活と幅広いテーマからその解決方法を考えます。

コンピュータ、人工知能(AI)を理解して、娘の将来を考える

自己啓発

f:id:dandy-papa:20160814221516j:plain

 

www.dandypapa.net

 

で、人工知能の発達により、今ある職業が無くなる未来が来るのは確実なことをお話しました。

 

本日はこの続きをお話しようと思います。

 

世の中では既に大きな変化が起こっています。去年の年末には、あの大企業、東芝のショッキングなお話がありました。

・年間で1万600人にのぼる人員削減を柱とするリストラ策を発表

・同時に16年3月期の業績予想も公表した。最終(当期)損益は過去最悪の5500億円の赤字。

さらに粉飾決算の問題もあり、大変な状態でした。

 

最近ではリストラだけでは無く、とうとう大手電機会社のシャープが買収されました。

www.nikkei.com

 

アベノミクスが成功して、景気回復しているというのは真っ赤なウソです。

 

東芝やシャープだけでなく、多くの企業が苦しんでいる状態です。

 

大企業は安泰(あんたい)である、といった常識がもはや通用しない時代に突入したんじゃないか?と感じています。

 

今後このような変化をさらに大きくするのががコンピューター、特に人工知能(AI)なのだと思います。今、この人工知能がとても注目されていますので、必ず理解するようにして下さい。

 

チェスや将棋の名人と勝負をして、勝利するような人工知能が有名です。iPhoneをお使いの方は「Siri」はご存知ですよね。これも人工知能です。つまり、人工知能はもう既に生活の中に入り込んで来ているのです。

 

大切なことは

「コンピューター、人工知能を味方にしよう!」

です。

 

「人工知能によって、職が奪われるのに、何を言ってるんだ?頭おかしいんじゃないの?」と思うかも知れません。

 

それは、捉え方次第です。

 

現在、私は

 

・「人工知能とは何か?」

・「人工知能で何が変わるのか?」

・「人工知能でできないことは何か?」

 

をしっかりと調べるようにしています。

 

特に、

「人工知能でできないことは何か?」

が、非常に大切にになるのでは無いか?と思って、力を入れています。

これこそが、娘のためになることなのかな?と思うのです。

 

2045年にはコンピュータが人間を超える、いわいる、シンギュラリティが起こるといわれています。しかし、超えるのは、ある特化した一部の機能だと思うのです。

 

意思決定もできて、経営者が人工知能に判断を委ねることもできると思います。

 

ですが、感情を持つことが果たして、できるかどうか?

 

私はできないと思います。

www.nri.com

 

に役立つ記事があります。

 

かなりショックではあるのですが、私のブログを読んでくださっているお父さんであれば、どこに着目すべきかわかりますよね?

 

ご参考

 

人工知能やロボット等による代替可能性が高い100種の職業

で暗くなるのではなくて、

 

人工知能やロボット等による代替可能性が低い100種の職業

を見てみてください。

 

 

www.dandypapa.net

 

でお話しました、私の意見も理解して頂けるのかな?

 

と思います。

 

私の尊敬する、スティーブン・ホーキング博士やアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアック、SpaceX CEO イーロン・マスク、さらにはビル・ゲイツまでが人工知能の危険性について、懸念を表明しています。

 

確かに、軍事利用、兵器などに利用されれば、大変な脅威になります。人類が悪用しなくとも、コンピュータ、人工知能が勝手に暴走することさえ、あり得ると思います。

 

じゃあ、人工知能を使わない方がいいのか?というと、私は

「十分に注意しながら、有効活用すべき」

だと考えます。

 

現在、Googleを筆頭にFacebook、Apple、ビル・ゲイツが反対といいつつ、Microsoftも莫大な費用をかけて、研究、開発を行っています。人工知能に強い企業の買収合戦が大変なことになっています。

 

日本企業だって、もちろん一生懸命に追いつこうとしています。ソフトバンクも可愛いロボット、Pepperを発売してますよね。

 

人工知能は儲かるぞ、ということで、世界中が大騒ぎになっているのです。この流れが止まることはありえません。

 

多くの企業が人工知能に夢中になっているのですが、私はIBMに注目します。IBMは長い間、人工知能を研究してきました。その結果、素晴らしい製品を開発し、実用化させています。

 

その素晴らしいシステムの名前はワトソン(Watson)です。

ワトソン (コンピュータ) - Wikipedia

 

特に、私が興味を持っている分野は医療です。

詳細は別途、お伝えしますが、既に、素晴らしい成果を上げているのです。

 

人工知能を脅威とは捉えずに、我々の味方だと考えることが大切だと思うのです。

 

次回は人工知能というのは、こんなに素晴らしいんですよ、という例をお伝えしていきたいと思っています。

  


dandypapa

  FA通信

Yahoo!JAPANプレミアム ケータイ乗り換え.com