読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思春期の娘に嫌われる父親、母親にならない方法

かわいい娘から嫌われて困っている父親、母親、のために、嫌われないコツ、好かれるためのヒントをお伝えします。娘から好かれるためにはどうすれば良いのか?自己啓発、プレゼン、子育て、教育、受験、親子関係、家族、ダイエット、お笑い、ユーモア、ファッション、食生活と幅広いテーマからその解決方法を考えます。

スマホを捨てて、町へ出よう!

自己啓発

f:id:dandy-papa:20160815222828j:plain

う~ん。最近、ネットの具合が悪いです。
 
どこのプロバイダとは書きませんが、光で1GBなのですが、ルーターのインターネットランプが消えて、回線終端装置の電源を入れ直したり、駄目だったら、タブレットをデザリングしたり。
 
めっちゃ、面倒くさい!って言うの。
 
面倒くさがりなんだけど、一応エンジニアだし、とか思うと、その対応に無駄な時間を使ってしまいます。
 
ルータを買うか、プロバイダに連絡した方が早いのかも知れません。
こういう時は泥沼にハマるより、サポートの力を借りた方が良いのかもしれませんね。
 
ワードプレスのカスタマイズばっかりやっていて、肝心のブログの記事の更新をしないのと似てます。で、ワードプレスは辞めているのですが、それはそれで楽しいので、また浮気心が騒ぎます。
 
今のネットワークの不調がプロバイダのせいだったら、かなり切れてしまいそうです。
元、サン・マイクロシステムズのエンジニアとしては、絶対に許せないのですね。
 
少し前の話ですが、レンタルサーバが使えない状態になりました。
データセンターの火事だったのですが、大手のサービス提供会社だったので、かなりショックを受けました。
 
火災ということで、辛いところは、分からなくは無いのですが、
 
「何があっても、稼働しないといけない作りになってるか?」
が重要なのです。
 
その時、私は、大きな被害を出した、原発事故を思い出しました。
あの福島原子力発電所事は明らかに、人災だったのです。
 
 
本当に、怒り心頭!なのですが、読むのも、嫌になってくると思いますので、これくらいにしときましょう。
 
私は怒っても、すぐに忘れてしまう性格なので、すぐに視点が変わります。
 
「ネットが使えなかったら、どうなるの?」
ということを考えました。
 
答えは、みなさん、めっちゃ困るんやろな!
です。
 
ネット依存の人は大変な騒ぎになります。きっと。
街中の人がマスオさん状態になりますね。
「ええっ~!」って。
 
私は基本的には電車のなかで、携帯やスマートフォンは使いません。
何故か?
 
ひにくれている、私は人と同じことをするのが嫌いなのです。
 
皆、車両にのってくるやいなや(アズスーンアズ→ルー大柴さん風)、携帯やスマートフォンを見出しますよね?
 
とっても、格好が悪いなぁ!
 
って感じるのです。
 
ましてや、道を歩きながら、スマホを見て、ぶつかってこようものなら、ブギ切れそうになります。なんとかGOとかやってぶつかってくるやつ、しぱいたろか(失礼)!と思います。
  
電車の中でスマホを取り出す人に対して、思うんですよね。
 
「君は、そんなに、忙しいのか?調べることあるのか?」って。
「そしたら、めっちゃ、頭よくなるなぁ」って。
 
でも、そんなに、探すことってあります?
勉強や仕事に使っているのだったら、まだしも、ゲームやったり、している人、理解できないなぁ。漫画本を読んでる、おじさんと同じじゃないかと。
 
「電車の中で何をしようが、勝手やろ、ほっといてくれよ!]
とお思いでしょうが、もう少し付き合ってください。
 
で、私はその代わりに何をするかというと、
 

www.dandypapa.net

 で、書きましたが、「ピープルウォッチング」ですね。

後、
「景色を見る」
「会話を聞く」
です。
 
ネットの情報になんか、家でも、会社でもいっぱい、アクセスできるじゃあ、ないですか。
 
「その時じゃないとできないこと」をすることが、重要なんだと思うのですよ。
 
もったいない、おばけが出てきそうなのです。
 
だって、電車の中って、色々な人がいて、いつも、変なことばかり、
心のなかでつぶやいている私にとっては、こんなに楽しい場所はないのです。
 
今時のヤング(若者)が何を考えているのか?
どういう会話をしているのか?
言葉使いはどうか?
ファッションはどうか?
イケてる人、イケてない人がいるけど、何が違うんだろう?
 
と、トレンドを知ったり、考え事をするには持って来いだと思うのです。
 
外の景色を見て、季節を感じたり、
 
昔、あんなことが、あったなぁ、と回想したり。
 
スマホを見て、下を見ていたら、決して見えてこない大切ものがたくさんあると思うのです。
 
寺山修司さんが書いた「書を捨てよ、町へ出よう」という本がありましたが、
 
今だと、
 
スマホを捨てて、町へ出よう!
 
ということになるのでしょうか?
 
ネットより、リアルでの体験が何百倍も大切だ!
 
というのが、私の意見です。
 
今まさに、電車の中で、この文章を読んでいる、あなた。
 
本当にラッキーですね。
 
一旦、スマホをかばんに入れてみてください。
 
今まで、見えていなかったことが見えてきますよ。
 
今頃の高校生は、
「こんなことを考えているんだ」
「こんなことに感心があるんだ」
「こんなファッション(短い制服やら、真面目な制服の差に驚く、など)をするんだ」
「ほとんど、恋愛の話だなぁ」
など、情報量はハンパないですよ。
(というような、言い回しをするとかも、きちんとアンテナをはる、など)
 
で、娘さんの事を考えてあげれば、良いのです。
 
お年寄りに席を譲るような素敵な高校生がいたら、「娘にもそうなってほしいな」、とか逆に、入り口で座り込むような、ヤンキーを見たら、「ああは、育てなくないよな」だとか。
 
「可愛い、カーディガンだな。イーストボーイか。今度、買ってあげよ。」
でもいいですね。
 
景色を見ていて、「昔、ハイキングに行たっけ?今度の週末にでも、誘ってみるか?」
 
など、あなたが本当に娘さんとの関係を悩んでいるであれば、くだらないネットサーフィンをやめて、とことん、どうすれば良いのかを、考えてあげてください。
 
それもしないで、娘に嫌われた、どうしよう?
とかマジやめてください!(若者風)
というような、言葉使いをして困っているのであれば、どうすれば、
きちんとした言葉を使うようになるかを考えてください。
 
スマホを見て、思考停止状態になるの、カッコ悪いでしょう?
そうは思いませんか?

   


dandypapa

  FA通信

Yahoo!JAPANプレミアム ケータイ乗り換え.com

 

広告を非表示にする