読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思春期の娘に嫌われる父親、母親にならない方法

かわいい娘から嫌われて困っている父親、母親、のために、嫌われないコツ、好かれるためのヒントをお伝えします。娘から好かれるためにはどうすれば良いのか?自己啓発、プレゼン、子育て、教育、受験、親子関係、家族、ダイエット、お笑い、ユーモア、ファッション、食生活と幅広いテーマからその解決方法を考えます。

新しい流れを否定しないで、自分のものにする!

自己啓発

 f:id:dandy-papa:20160821164127j:plain

今回はカラオケの話題から一転して、また、真面目な話題です。

前回の

 

www.dandypapa.net

 

から読んで頂いた方は話題が違いすぎるので、興味が無いお話となりましたら、すみません。

カラオケが上手でも、ただのお調子者、おバカさんのお父さんでは娘さんから嫌われます。

なんでもイケているお父さんを一緒に目指していきましょう。

私が大嫌いなのは、「臭いものに蓋(ふた)をする」という考え方です。

 

www.dandypapa.net

 

に書きましたが、学生にSNSを禁止したどこかの大学の学長のお話をしました。これは、つまるところ、禁止する側が自分で新しい流れ(物、事柄)についていけないのが原因だと思うのですね。

人は自分の理解を超えるものに対して、畏怖(いふ)の念を抱きます。新しい物、理解を超えたものを「悪いものだ!」と自分で決めつけて、しまうのです。

これはとても教育する立場のものがするべきことではありません。

「そうだ!そうだ!」というお父さんも実は同じようなことをしていませんか?

というのが、今回の問題提起になります。

「Twitter、Facebookは危険だと聞いたぞ!辞めた方が良いぞ!」
「ロンハーのようなくだらない番組は見てはダメだ!」
「なんだ、その穴の空いたジーパンは?」
と言って、嫌われていませんか?

ということです。

私が今日、お伝えしたいことは、

「自分で調べたり、やってみてから、文句を言ったり、禁止すれば良い!
と思うのです。

私はマイノリティ、人と違うこと、新しいことが大好きなので、何だったら、娘よりも私が先に試します。好きな分野では、マーケティング用語でいう、イノベーターになりたい、と思って行動をしています。

例えば、
私:「ジミーチュウって知ってる?」
娘:「知らないけど。どんな、どんな?見せて!」

→ これは自分の商売の話なので、機会があれば、お話します。


私:「ほれ、財布。ブツブツついてるやつや。」
娘:「ああ、これとよく似たの、しまむらで見たよ!」
といって、後日、しまむらで見たら、あれま、ホント。
→ しまむらさん、大丈夫かいな?

というような、やり取りをしています。

 

しまむらさんをご存知のないお父さんのための豆知識

www.mag2.com

 

何も知らないで、意見を言うから、がっかりされたり、反発されるのです。
「もう、お父さんは、なんにもわかってないんだから、黙っててよ!」といった具体ですね

こういう思考ですと、自分の知らないことや物にはまず、疑いの目で見るようになり、新しい流れについていけなくなります。

私は、いつも
「それって何?」
「どういことなん?」
「なんではやってるの?」
とアンテナを張って、いいものを見つけると、
「気づいちゃった、気づいちゃった、わ~い!わ~い!」
と喜びます。


デッカチャン 「気付いちゃったマーチ」

 

前の話になりますが、私には「なんで?」「なんで?」「なんで?」というNHKの連続テレビ小説「あさが来た」のあささんのような生き方がぶっ飛んでいて、格好が良すぎます。以前のお話なので、分からないかも知れませんが、かなりの高視聴率を取ったはずです。

www.nhk.or.jp

今、まさに、時代の大きな変化が始まっています。保守的な考え方では、ついていけなくなると思います。

ビクビクしているよりも、どうせなら、どっぷりと、誰よりも早くその流れに乗っかってしまう、というのはどうでしょうか?

大きな流れとは一体何でしょう?何度もお伝えしています、人工知能、ビッグデータ、Iotです。
→ これらについては、次回以降にできるだけ、分かり易くお話をしていく予定にしておりますので、興味のあるお父さんは是非、ご期待くださいませ。

お父さんは、人工知能をどのように感じておられますか?

「人間の職業を奪う、とんでもない存在だ!けしからん!」
とはなっていないでしょうか?

ここで、私の

「自分で調べたり、やってみてから、文句を言ったり、禁止すれば良い!
方式を活用して頂きたいのです。

人工知能に対しても、多くの著名人の方々がその危険性を訴えています。私の考えは、危険なことを理解しながら、どうやったら味方にできるかを考えれば良い、です。

まずは、ご自分で調べてみてくださいね。
フレッツ光

ハイクラスに特化した人材紹介【クライス&カンパニー】

広告を非表示にする