読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思春期の娘に嫌われる父親、母親にならない方法

かわいい娘から嫌われて困っている父親、母親、のために、嫌われないコツ、好かれるためのヒントをお伝えします。娘から好かれるためにはどうすれば良いのか?自己啓発、プレゼン、子育て、教育、受験、親子関係、家族、ダイエット、お笑い、ユーモア、ファッション、食生活と幅広いテーマからその解決方法を考えます。

現役で慶応大学に合格する方法 No.11 小論文対策その7 Onenoteの活用

教育・しつけ

 

f:id:dandy-papa:20160928231811j:plain

www.dandypapa.net

の続きです。昨日の記事もそうですが、別に慶応を受験する方、小論文の対策だけにかぎらないので、タイトルはそのうち、変更すると思います。この流れで、書き続けて、最適化してみます。

 

前回はEvernoteでしたが、使ってみましたか?

まずは、無料で利用してみるといいと思います。Webクリッパーをお使いのブラウザにアドオンして、どんどん、クリップしていけばいいです。自分だけのデータベースが出来上がっていくのは、嬉しいものです。といっても、無料版ですと、すぐに容量がいっぱいになって、アップデートしないと、利用できなくなります。

「Evernote,気に入ったから、ずーっと使おう!」と決められたら、

ソースネクストが扱う「EVERNOTE プレミアムパック」

を利用されるといいのですが、

 

いや、「ツールにお金を掛けるのは、嫌です!」という方には代替案があるのです。

 

Onenoteとは

この代替案となるが、今回、ご紹介するマイクロソフト社のOneNoteです。

最近のアプリケーションだと思われる方も多いのですが、実はかなり前から存在していたのですね。まず、2003年に単体のアプリケーションとして、OneNote 2003というプロダクト名で発表されました。Office 2007から同梱されるようになったのですが、今ひとつ、知名度は無く、ましてや、Evernoteの代替案になるとは誰も、想像しなかったはずです。

ところが、今回のEvernote社の「改悪」により、Onenoteが注目され、かなりの、追い風になっています。

 

結論を先にお話ししますと、私は「両方、使う!」が良いのでは?

 

と思っております。似てはいますが、そもそも、設計思想の違うアプリケーションです。用途に応じて、使い分けるのが、最適だと思っています。

 

いつもの私の口癖ですが、「まずは行動してみる!」が良いです。

自分の手を動かさないと、分からないです。

「EvernoteとOnenoteの比較」とか検索してないで、両方を自分で使ってみればいいのです。すぐに「どちらがいいの?」という議論になりますが、私からすると、

 

www.dandypapa.net

 

 でお話した、「白黒思考」に当たると思います。

 

2種類のOnenoteがあるので、注意してください。

Windows 10を利用されている方は、「アクションセンターに入っているアプリのことね!」となるのですが、これは、「OneNote for Windows 10」です。これとは別に「OneNote 2016」というものがあり、この2つは別物です。違いはマイクロソフト社が

support.office.com

にまとめています。

ここでは、

・Windows 10を利用していないユーザもいる

・Office製品との連携を考えるとOneNote 2016が良い

・Office 365にはオフィス製品とOneNote 2016が含まれており、Officeパッケージ製品ではなく、現時点でこの製品が良いと考える

との理由から、OneNote 2016で話を進めます。

 

もちろん、「私はWindows 10しか使わないし、Wordとか、Excelなんて先の話だから、合格してからで良いわ!」というのも、アリだと思います。

 

Webクリッパー

OneNonteにもWebクリッパーがあり、Evernoteと同様に検索、閲覧して、必要な情報をどんどん、保存いくことができるようになっています。「クリップのボタン」を押すとクリップする内容として、

ページ全体

領域
記事
ブックマーク
のいずれかを選択します。
 
この中でも、重要になってくるのが「記事」を選択する、ことです。
 

EvernoteのClealyの代わりとして使う

前回、

(1)広告やサイドバーなど、記事を読む際に余分なものを文字通り、クリアにして、記事に集中させてくれる

という機能が主な機能になります。この他に

(2)数ページに渡る記事を1ページにまとめてくれて、次のページをクリックする必要がなくなる

という魔法のような機能があったのです。

 

(1)に関しては次回、代替手段をお伝えるのですが、(2)に関しては、そのツールも適用できていないのですね。

とお話したのですが、上のツールにあたるのが、このWebクリッパーで「記事」を選択する、という利用方法です。

 

実は私はこのために、OneNoteを使っています。

 

と言っても、過言ではありません。

 

あーあ、Clealyがあったら、煩わしいゴミ(広告やら、サイドバーのことです)を無くして、読むことができるのになぁ!

とイライラしていたのですが、初めて、このWebクリッパーで「記事」を選択したら、なんと、ゴミがきれいに無くなるではありませんか。

これで、一気に「おお、OneNote、使えるやん!」となったのです。

この方法で読んで、「一応」、クリップはするのですが、一番の目的はゴミを無くして、Webの内容を見ることに集中することなのです。

 

「そんなん、正しい、OneNoteの使い方と違うがな!」という声が聞こえてきそうですが、私はそれで良いと思います。ツールは自分の使いやすいように、使えばよいのです。

 

データベースとしてはやはり、Evernoteを捨てがたいのです。もしかしたら、OneNoteのすぐれた機能を見つけるかも知れません。それは、使いながら、覚えていけばいいのです。

 

ソフトウェア全般に言えることですが、「いやぁ、機能の本の一部しか、使えてないのですよね!」という悩みを持つ人が多いのですが、「そんなもん、自分が使いたい機能だけ、使えばいいじゃん!」と思うのですよね。「なんで、全部の機能を使いたがるのか?」「全部の機能を使いこなしていないと、ヘビーユーザーでない!と決めつけるのか?」全く、理解できません。目的は自分の仕事の効率化を図ることであって、全部の機能を使いこなすことではないですよね?そんなの、ツールおたくにまかせておけば、いいじゃないですか。

Evernoteからの移行ツールも用意されています

support.office.com

さすが、マイクロソフト社です。経営が大変なEvernote社とは違います。数年のEvernoteユーザであれば、簡単に移行ができそうです。

移行は考えてはいないのですが、試しに私のEvernoteの移行も試してみました、何日もツールが動いているのですが、一向に処理が終わりません。このために大切なコンピュータリソースが食われるのがいやなので、処理を中断しますが、一度、どうなるのかテストをしてみたいものです。

 

まとめ

前回と今回でEvernoteとOneNoteをご紹介しました。文中でも述べましたが、どちらが良い、悪いはなくて、自分に合ったものを使えばいいと思います。ツールには相性があります、是非、両方を使ってみて、自分にあった方を決めればいいです。あるいは、私のように両方を使うのも手かもしれません。すくなくともどちらか一つは使った方がいいです。ブックマークしているだけでは効率が悪すぎます。両ツールのWebクリッパーをインストールして、両方にクリップして、必要な情報を検索する、というのが一番の方法だと思います。

ロジカルシンキングフルセット DVD版

受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。

副業としてネットビジネスは如何ですか?無料塾で学べます!