読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思春期の娘に嫌われる父親、母親にならない方法

かわいい娘から嫌われて困っている父親、母親、のために、嫌われないコツ、好かれるためのヒントをお伝えします。娘から好かれるためにはどうすれば良いのか?自己啓発、プレゼン、子育て、教育、受験、親子関係、家族、ダイエット、お笑い、ユーモア、ファッション、食生活と幅広いテーマからその解決方法を考えます。

議論(ディベート)について考える TED マイケル・サンデル 「失われた民主的議論の技術」

教育・しつけ 自己啓発

f:id:dandy-papa:20161019233038j:plain

今回も引き続き、TEDから、素晴らしいプレゼンテーションを紹介します。

 

マイケル・サンデル教授

今回も受験準備、お父さん、お母さんの自己啓発として、おさえておきたい人物をご紹介しましょう。

 

以前から、読んで頂いてるあなたは 

www.dandypapa.net

でご紹介しましたので、記憶に新しいかも、知れません。

 

記事を読み返してみましたら、マイケル・サンデル教授の説明がなかったので、Wikipediaのリンクを載せておきます。

マイケル・サンデル - Wikipedia

 

 

これからの「正義」の話をしよう (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

これからの「正義」の話をしよう (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

 

で有名ですね。もちろん、娘は入試の対策として、読みました。

 

余裕のある方は

 

日本で「正義」の話をしよう〔DVDブック〕 サンデル教授の特別授業

日本で「正義」の話をしよう〔DVDブック〕 サンデル教授の特別授業

  • 作者: マイケル・サンデル,Michael J. Sandel,小林正弥,鬼澤忍
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2010/12/22
  • メディア: 単行本
  • 購入: 3人 クリック: 23回
  • この商品を含むブログ (14件) を見る
 

 

 

NHK DVD ハーバード白熱教室 DVD BOX [DVD]

NHK DVD ハーバード白熱教室 DVD BOX [DVD]

 

 もオススメですが、無料で観れるサイトを見つけましたので、まずは、ここから始められると良いと思います。日本語で楽しめます。

 

www.youtube.com

 

いきなり、TEDで「誰だ、この人?」から始めても良いのですが、これらの予習をした上で、TEDの講演を観ると、より理解が深まります。

 

マイケル・サンデル 「失われた民主的議論の技術」

www.ted.com

 

政治的議論を行う より良い方法の再発見が必要である。

・健康保険問題、金融街のボーナスや救済措置について、貧富の差や差別是正措置などの議論の表面下に存在するのは、道徳哲学に関する問題、 あるいは正義に関する大きな問題である。

 

・政治における道徳哲学の問題に対して、議論したり、考えを明確にしたり、弁護することは滅多にない。

アリストテレスの正義に関する論理

・アリストテレスの考えが今日の問題を検討、議論する上で、有用であるかどうかを確かめる。

 

・アリストテレスによれば正義とは受けるに値するものを人々に与えることである。

 

・本当の問題は、誰が、何を、なぜ手にするに値するのかを議論することから始まる。

(例) フルートを配る場合、最も良いフルートは誰が手にすべきだろうか?

・なぜ、一番上手な演奏者が最良のフルートを持つべきか? アリストテレスはフルートが存在しているのは、上手く演奏されるためである、と説明する。

 

・アリストテレスは 物の分配を論理的に説明するためには、物が存在する目的、あるいは、社会活動の目的を論理的に説明したり、議論することが必要であると言う。ここでは演奏が目的である。

 

・大事なことは、演奏の本質とは、良い音楽を創造することである。

 

・正義について考えるとき、我々が真に考えねばならないことは、問題となっている活動の本質であり、賞賛され、賛美され、評価される性質についてである。

 

・一番上手な演奏者が 最良のフルートを手にすべき理由の一つは、その演奏が私たちを幸せにするから、というだけではない。最良の演奏者の卓越性を評価し、賞賛するためである。

 

ゴルフに関する問題

・ケイシー・マーティンは一流のゴルファーだったが、足に障害を持っていた。

・そのためコースを歩くことが非常に困難だった。

・PGAプロゴルフ協会に対して、PGAトーナメントで、カートの使用を認めるよう求めたが「不公正な優位性を与えてしまう」という理由から答えは「ノー」であった。

・彼は裁判所へ訴え、最高裁まで進んだ。

・最高裁は「ケイシー・マーティンに カートの使用を認めるべきだという判決を下した。
・判決は7対2だった。


・スティーブンス判事は、ゴルフの本質的な要素とは、非常に小さいボールをある位置からホールまで少ない打数で移動することであり、歩くことは本質ではなく、付随的要素でしかないとした。

・二人の反対があったが 一人はスカリア判事であった。
・彼の意見が興味深いのは 多数派の意見の根本を成す アリストテレス的な前提を否定している点である。
・彼はゴルフのようなスポーツの 本質的な要素を決定することはできないとした。
・ 「何かが本質的であるとは、通常、それが何かの目的を達成するために不可欠であるということである。しかし 気晴らしという以外の目的がない、ということがスポーツの本質なのであり、それこそが 生産的活動とスポーツを分けるものである。恣意的に決められている、スポーツのルールのいずれが本質的であると決めることはできない」
・これがスカリア判事の反論である

 

スカリア判事の意見には 疑問点が二つある

 

1.  もしスポーツのルールが 恣意的に決められており 我々が賞賛するに値すると考える 美徳や卓越性といったものを 生じさせるために存在するのではない と考えるのであれば 試合の結果に興味を持つことはないだろう

 

2. 表面上は カートの使用に関する議論は 公平さに関する議論のように見える。だが、全てのプレイヤーにカートの使用を認めれば公平さに関する問題はなくなる。もしゴルフが カートに乗っていてもできるスポーツだとしたら 他の真に優れたアスリートに対して 我々が示している賞賛や評価を 著名なゴルファーにも 示すことは 難しい

 

同性間の結婚について

男性と女性による結婚のみを 政府は認めるべきだと考える人(反対派)

 結婚の目的について 基本的には 繁殖こそが 結婚を素晴らしいもの、評価され、奨励されるものとしている。


 同性婚についても 認めるべきだと考える人(賛成派) 

 繁殖だけが結婚の目的ではない 生涯にわたる 相互の 愛情に溢れた献身こそが 結婚というものとしている。   

正義についての議論を行う前に

フルートでも ゴルフカートでも そして 同性婚のような 非常に難しい問題についても アリストテレスは指摘している 社会制度の目的や 活動のどのような性質が 賞賛と評価の対象となるのかについて 十分な議論がなされた後でなければ 正義についての議論を行うことはできない

 

政治と道徳を切り離すべきではない

・道徳的信念に対して、正面から取り組むべきである。

・人々に対して、道徳的信念を 政治とは関係ないとするよう、求めるべきではない

・これこそが、民主的議論の技術を復活させる方法である

 

今回もさらに、他の人の、議論(ディベート)について、調べようと思いましたが、かなり長くなってきましたので、次回はここから、始めようと思います。

【1日6分?】この今!バカ売れしてる英会話教材

Huluならいつでもどこでも海外ドラマや映画が見放題!⇒今すぐ無料でお試し