読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思春期の娘に嫌われる父親、母親にならない方法

かわいい娘から嫌われて困っている父親、母親、のために、嫌われないコツ、好かれるためのヒントをお伝えします。娘から好かれるためにはどうすれば良いのか?自己啓発、プレゼン、子育て、教育、受験、親子関係、家族、ダイエット、お笑い、ユーモア、ファッション、食生活と幅広いテーマからその解決方法を考えます。

ポジティブシンキング、プラス思考はやめましょう!うまくいかない理由は?

教育・しつけ 自己啓発

f:id:dandy-papa:20161026234709j:plain

www.dandypapa.net

を書いているときに、

 

おお、書きながら、思い出しました。ラッキー! 何かって?

 

辻秀一先生です。

 

フローな状態にすれば、良いのでした。

辻秀一先生については、近いうちに、書こうと思います。

 

うん、今はフローな状態かも知れません。「?」という方は楽しみにしていてくださいませ。

 

余裕のある精神状態、とらわれない心が大切そうです。

 と書きました。

 

イライラする話をしているときに、思い出したのですね。

 

今回からは数回に渡って、辻秀一先生の素晴らしいテクニックをご紹介していこうと思います。

 

私のつらい経験と辻秀一先生との出会い

辻先生の教材を購入したのを確認してみましたら、2012年の2月の末でした。かなり前から多くの影響を受けていることになります。

 

www.dandypapa.net

www.dandypapa.net

に書きましたが、娘が小学校2年生の時に、妻が脳出血で倒れています。

 

仕事だけでも、かなりのストレスだったのですが、妻が倒れたことで、私はかなり、まずい精神状態でした。

 

生死をさまよって、なんとか命は取り留めたものの、仲の良かった、妻は重度の身体障害者になりました。左脳の損傷の為、右麻痺となります。右半身の機能が麻痺して、手も足も動きません。

 

脳卒中、脳の仕組み、リハビリに関するできるかぎりの事を調べました。リハビリ病院も可能性があるところは入院をさせて、回復を期待しました。

 

それでも、脳の損傷範囲が広かったので、回復することはありませんでした。手足が動かないだけでなくて、左脳には言語、思考をつかさどる機能がありますので、これが障害されているため、言葉と記憶を失ったのです。

 

私のことも、娘のことだけでなく、彼女自身が誰なのかもわからないのです。これには本当に参ってしまいました。

 

そうは言っても、仕事はしないといけませんし、娘も学校に行かせないとなりません。娘は幼稚園から、私立に通っていたので、お弁当を毎日作らないといけません。保護者会などの学校の行事にも参加しないといけません。

 

妻がかなり回復した時には、朝から夕方までデイケアにお世話になるようになりました。住んでいるのは湘南で、勤務先は世田谷区の用賀でしたので、通勤にかなりの時間がかかりました。

 

私が帰宅するまでは、妻を玄関で迎えたり、夕食を作って下さる、家事代行を利用しました。

 

長くなったのですが、このような状況になると、何が必要になるでしょうか?

 

ストレス解消?心の安定?

はい。 この頃から、斎藤一人さんの書籍を読むようになりました。ひとりさんには、精神的にかなり助けられました。このブログでも、いつか触れるかも知れません。

 

後、私に必要になったものは何だったでしょうか?

 

はい。時間を効率的に使うテクニックです。

これを工夫しないかぎり、生活が成り立たなかったのです。早く仕事をこなさないと、いけなかったのです。

 

自己啓発本をかなり読みました。

 

時間管理や仕事をうまくやる方法など、どんどん、自分の能力を開発する以外に方法がなかったのです。

 

「ポジティブシンキング」がかなり流行った時期でもありました。

「そうか、なんでも、ポジティブに捉えれば、うまくいうのだな!」

と読んだ後は、「ふむふむ」となるのですが、実際やってみると、なかなかうまく行きません。

 

「う~ん、やり方が駄目なのかな」「まだまだ、努力が足りないのかな?」「ストレスが多いから、ストレス対策をしながら、自己啓発、能力開発もしないといけないのかな」とかなりの期間、悩むことになるのです。

 

そんなときに書店で

「ポジティブシンキング」「プラス思考」ではうまく行きません!、という辻秀一先生を知ることになるのです。

 

「ポジティブシンキング」「プラス思考」の書籍を何冊を読んで、試行錯誤を繰り返している私にとっては

「はぁ?」「なんやねん、それ!」

と目から鱗(うろこ)が落ちる思いでした。

 

ポジティブシンキングやプラス思考がうまくいかないわけ

ポジティブシンキングやプラス思考を学んだけれども、うまくいかないのは何故でしょうか?

 

私はうまくいかないと、「まだまだ、訓練が足りないのだ」と思ったり、マイナス思考をしていまったときは「いけないけない、プラスに考えるんだった」とか、「根性が足りない」「声を出していこう!」とか、かなりの無理をしていました。

 

そうです。ポジティブシンキングやプラス思考がうまくいかない理由はこれになるのです。

 

「無理して」というのが、駄目なのです。

 

テニスプレーヤーの松岡修造氏みたいな、生まれつき、ポジティブな性格なのであればいいですが、多くの日本人は「はぁ?」と違和感を感じてしまうのです。

 

松岡修造氏だって、むりやり、根性でポジティブ思考を身に着けたのかも知れません。

 

辻秀一先生が良く、使う例えに

 

「悪い出来事も良い出来事の前兆なんだ」

「雨が降ると濡れてしまって大変だけど、雨のおかげで私たちはお米を食べられるだ」

「財布を落としてしまった。新しい財布を変えというメッセージなんだ」

というのがありますが、かなり、無理がありますよね。

 

そうやって、自分に言い聞かせているのも、なんだか、滑稽(こっけい)です。そうなんです。自分に嘘をついて、騙さないといけないのです。

 

だから、難しいし、うまくいかないのです。

 

ポジティブシンキング、プラス思考が逆に、ストレスにさえなってしまうのですね。

 

自分の本当の感情を否定して、一時的に逃げているだけなのです。

 

つまり、ポジティブシンキング、プラス思考は自分の感情を否定する考えなのです。

 

本当はネガティブに捉えたことも、ポジティブに捉え直そうとするのがプラス思考です。

 

コップに半分の水が入っているのを
半分「しか」入っていないと考えるのか、
半分「も」入っていると考えるのか、

プラス思考では「半分もある」と思おうとするわけです。

 

しかし、そう思おうとしている時点で、本当は「半分しかない」と思ったわけです。

はじめから「半分もある」と思った人は、プラス思考をしなければ!とは思わないのです。

 

さまざまな、自己啓発方法を見てきましたが、ポジティブシンキング、プラス思考は日本人には合っていない方法だ

 

というのが、現在の私の理解です。

 

じゃあ、どうすればいいのか?

 

ということを、次回から、詳しく解説していきます。

 

これは、仕事だけでなく、受験にも、本当に役立つ方法です。何故なら、娘が実際にやってきた方法だからです。

 

乞うご期待。

 

ブログランキングに参加しております。

「ポチリ」と応援お願いします。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

 

「第二の脳」のつくり方

フローマインドCDプログラム

成功の9ステップ ライブセミナー